「最後まで患者様のために」 
    
院長 黒田 浩一
防衛医大を退官後、67歳でくろだ女性クリニックを開業。
以来、院長の心は、常に医療の現場にありました。
患者さん第一、スタッフ第二が口癖でした。
診察終了後、“クリニックの椅子の上で死ねたら最高”と
生涯現役を目指していました。

しかし、2年前に肺癌の手術をして以来、体調を崩し、
それでも診療を続けながら様々な治療を試みましたが、
予想以上に癌の進行は早く、
ついに平成29年12月2日を最後に、診療を辞めざるを得ませんでした。

そして、
平成30年2月21日、79歳にてその生涯に幕を下ろしました。

これからは父院長の遺志を継ぎ、
「くろだ女性クリニック」を存続させていく所存です。
しばらくは患者様にはご不便をお掛け致しますが、
今後とも患者様お一人お一人に親身な医療を目指して参ります。
今後とも、くろだ女性クリニックをよろしくお願い致します。

   理事長 黒田 健司 
   
    
閉じる